椎間板症

椎間板症の原因|春日部市の春日部あすな整骨院・整体

椎間板症とは簡単に言うと腰痛の一つです。体を動かした際に大半が前屈するときに痛みが出ることが多い疾患です。レントゲンでは本来なら椎間板は白く写るのですが、椎間板症では黒く写ります。

椎間板とはいったい何でしょうか?
椎間板とは背骨の1つ1つの骨を椎体といい、その椎体と椎体の間にある軟骨のことを椎間板といいます。主な働きとしてはクッションのように衝撃を吸収するといった働きをしています。

ただし椎間板は常に負荷がかかっているため、加齢やストレスなどによって水分がなくなり弾性がなくなっていきます。本来なら腹筋や背筋でストレスなどを分散してくれるのですが、筋力が衰えていると正常に分散できなくなり椎間板にかかるストレスが部分的に大きくなってしまいます。
また股関節周りの筋力の柔軟性が低下していると、足の動きによって骨盤が大きく動いてしまい腰にストレスがかかってしまいます。

椎間板症を放っておくと…|春日部市の春日部あすな整骨院・整体

症状としては一般に脊柱は軽い猫背となり、脊柱のそり返り運動が制限され、腰背部痛、疲労感がおこります。初期のうちは、起床時や長時間座った後に、体がこわばったようになり、無理に動かすと痛みを感じます。しかしこの状態で軽く運動したり、少しずつ仕事をしたりしているうちに、痛みがなくなってしまうことがあります。

この状態で放っておくと、さらに症状が悪化し、天候の影響や労働などで増強し、安静によって軽快するといったことがくり返されます。また骨棘と呼ばれる棘のようなものができる場所によっては、神経が骨棘に刺激されて、坐骨神経痛などが起こる可能性があります。

一般的な整骨院の施術|春日部市の春日部あすな整骨院・整体

一般的に接骨院や接骨院での施術は、患部に電気をかけてその後患部をマッサージする、という方法が用いられています。しかし、この施術は硬くなった筋肉をほぐしたり、血流を促したりして痛みを軽減する施術なので、一時的に痛みやしびれなどが軽減することもありますが、根本的に施術しているわけではないので症状は時間がたつにつれてまた出てきてしまいます。整形外科では痛み止めや湿布などで痛みを抑える施術法が多く、ほとんどの場合が痛み止めの薬やコルセットを巻いておく保存療法となり、症状がひどい場合は手術となります。また神経ブロック注射などをして痛みを和らげる方法などがあります。

当院の施術の特徴|春日部市の春日部あすな整骨院・整体

春日部あすな整骨院・整体では椎間板症の症状の改善を目指すために次のような施術を行っていきます。
まず初めに問診を行い、お客様の症状を把握していきます。どのあたりが痛いのか、痛みがいつごろから出ているのかといった情報を問診で伺っていきます。

問診の後にはその症状に沿った検査を行っていきます。どのような動きで痛みが出るのか、今現在自分で動かせる範囲などを検査で把握していきます。
問診と検査をもとに原因となっている骨格の歪みを見つけ出し、見つけ出した歪みを矯正し正しい状態に整えていきます。また場合によってはストレッチも併用しながら施術を行っていきます。

体の重心とバランスを整えた後に、それから痛みの直接原因となっている関節を正しい位置に整えていきます。
この施術により、身体の構造と機能を正常にし、椎間板症の根本的な改善を目指します。

春日部市で椎間板症でお悩みの方は、春日部市の春日部あすな整骨院・整体にお気軽にご相談ください!

当院へのアクセス情報

所在地〒344-0067 埼玉県春日部市中央6-3-8-102
駐車場駐車場完備
予約お電話でのご予約が可能です。
電話番号048-792-0627
休診日土曜日午後
日曜日・祝祭日